目元をパッチリさせるならアイラインを重視

化粧品、特にメイクアップアイテムの中でも、目元に印象を深めてぱっちりとした目にさせたいのなら、アイラインはとても重視するメイクアップ手順です。

このアイラインとは、目のふちに線を引きより目元の印象を深めるというものです。
目元はマスカラやアイシャドウなど様々な飾り方がありますが、最近はどのようなメイクでもアイラインを引くものです。

引き方は様々ですが、基本的なやり方としては、目のふちに線を引きます。
といっても、なるだけ目のふちにひくようになるので、最初の頃はなれない人もいるかもしれません。
これは練習していくと徐々にうまくなり慣れていきますので、練習が必要です。

引くときのポイントはまつ毛の生え際・根本にも引くということです。
まつ毛の生え際は全て毛が生えているというわけではなく、また根本はバラバラの間隔で皮膚が見えています。
このため、生え際に引くようにしないと、アイラインと目のふちの間に肌が見えて不思議な目元になってしまい、正直あまり綺麗には見えません。
また、根本の間隔も埋めるようにしながら書いていくことで、よりきれいな目元になります。

アイラインの中には同じ化粧品でも筆ペンタイプやペンシルタイプ、繰り出しタイプなどあるでしょうが、基本的に書きやすく目元なので痛くならない方を選べば問題ありません。
筆ペンタイプのほうが人気があるようですが、これはアイラインの目尻を跳ね上げさせるというメイクの流行があった時に跳ね上げさせやすいために流行したものです。
シンプルなメイクでいい、というのなら、繰り出しタイプでも化粧品としての効果は変わりません。
ただ、もしアイライナーを選ぶのであれば、なるだけ落ちにくいものを選びたいものです。